ROBOPRO’s AI

AI投資の特長

パフォーマンスの鍵は
AIによる将来予測です。

ROBOPROはAIによる金融市場予測に基づき投資判断を行うサービスです。AIを活用することで人には難しい判断を行えるため、様々な相場に対応することが期待されます。

ここではROBOPROに期待できる3つの特長をご紹介します。

※AIを活用した将来予測は、将来の運用成果等を示唆または保証するものではありません。

Point 01

40以上の先行指標を多角的に分析し将来予測

ROBOPROのAIは、40種類以上のマーケットデータを使い、2,000以上の特徴量※1を組み合わせて多角的に分析し、金融市場を予測しています。

分析に用いるマーケットデータは、実際の景気より先に上下する「先行性の高いデータ」のみを厳選しており、これにより精緻な予測が期待されます。

※1 特徴量:予測の手がかりとなる特徴を数値にして表現したもの。

Point 02

合理的な判断を行いトレンド変化への対応が期待される

ROBOPROは、AI技術と伝統的な金融工学理論を融合させた合理的な投資判断プロセスで運用を行っています。

人は感情や思い込みに左右され冷静な判断を行うのが難しいことがありますが、一方ROBOPROはそれらに左右されないため、定量的な視点で冷静な判断を行います。

Point 03

年月の経過に合わせて
期待される分析と予測の精度の向上

市場動向は刻一刻と変わるので、長期の資産運用では、定期的に動向を分析する必要があります。しかしこれにはかなりの時間と忍耐が必要です。

一方ROBOPROのAIは、市場の傾向や変動要因の分析・学習を定期的に行うため、その分析と予測の精度は、年月の経過に合わせてさらなる向上が期待されます。

Column

一般的なロボアドバイザー※2と大きく異なります。

よく「ROBOPROは一般的なロボアドバイザーと同じでは?」という声を耳にしますが、実は全く異なる金融商品です。
そのことは、それぞれの投資配分推移からも見て取れます。
  • 一般的なロボアドバイザーの投資配分例

    一般的なロボアドバイザーはお客様のリスク許容度に応じて、あらかじめ用意されたコースの中から投資配分を提案します。そして一度提案された投資配分は、運用コースを変更しない限り大幅な調整はされにくい設計です。

  • ROBOPROの投資配分※3

    一方ROBOPROは、AIを活用し、金融市場を細かく先読みして定期的に投資配分を調整。あらゆる金融局面に対応してリスクとリターンのバランスを取りながら、資産拡大の機会を積極的に狙います。

  • 米国株式
  • 先進国株式
  • 新興国株式
  • 米国債券
  • ハイイールド債券
  • 新興国債券
  • 不動産

※2「一般的なロボアドバイザー」の投資配分シミュレーションについて:「一般的なロボアドバイザー」とは、利用者がリスク許容度に応じて設けられている複数の運用コースの中から一つのコースを選択し、一般的な運用アルゴリズム(ノーベル賞を受賞した理論に基づき、金融機関において広く使われている平均分散法を採用。平均分散法における期待リターンはCAPMを用いて算出)を用いて自動で運用を行う投資一任サービスのことを指します。本シミュレーションは、一般的な運用アルゴリズムでROBOPROと同じETFを運用したと仮定した結果です。リスク許容度はやや高めとし、5%〜40%の保有比率制限を設けて最適ポートフォリオを算出しています。

※3 ROBOPROの投資配分の推移について:各月に適用される投資配分の変更時点(ex.2023年7月は2023年6月29日時点)の比率を示しています。2022年6月、11月は毎月の投資配分の変更とは別に、臨時で投資配分の変更を実施しています。